• You are here: 
  • Home
  • ようやく風が吹き始めた。

ようやく風が吹き始めた。

Posted on 1月 24th, 2011

著作権周りの話、
特に音楽業界ではCCDやらなんやら無駄なあがきが多いので、そういうのを見聞きするたびに「著作物記録媒体配布業」はもう時代遅れやねんからええ加減はらくくらんと、と書くようにしていたんだが、
ここにきて面白い話がちらほら聞こえてきた。
≫音楽を愛する全ての方へ
≫社員に赤字を怖がらせない。だから売れるCDを出せるんです。
そうそう、そうこなくっちゃ始まらない。

必要なのはプレイヤーと観客を直接つなぐ手段。
USTで観てPayPalで払えば、自宅と自宅を繋いだライブコンサートが現実出来るんだから、あとはスケジュールを組んで広く知らせる手段さえあればいい。

じきにそれが当たり前になる。
ミュージシャン自身が毎日ライブを自宅放送したら、音源のコピー問題なんて消し飛んでしまう。

そして最後は聴く側の楽しむ能力に依存する事になる、ああそうだ、これからの教育に必要なのは労働力の育成ではなく人生の楽しみ方の育成なのだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ようやく風が吹き始めた。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
ようやく風が吹き始めた。空堀町のほほん奇譚

Filed under 日記, 言論の穴 |

よろしければコメントをどうぞ


5678→

カテゴリー