• You are here: 
  • Home
  • (芸術)表現の論議と(法的)権利の論議のすれ違い

(芸術)表現の論議と(法的)権利の論議のすれ違い

Posted on 9月 23rd, 2012

(芸術)表現の論議と(法的)権利の論議のすれ違いhttp://togetter.com/li/377926

TLが面白かったのでまとめてみたんだが
つけられたタグが
「アフィの手先」「犯罪者の論理」 「盗人猛々しい人」 「ペテン師」 「詭弁」 「無断転載」
激しく魔女狩り臭が漂ってしまいました(^^;

ひどいなぁと思うのはコメントにあった「単純な価値観形成の話」ね

単純な価値観形成の話をここまで難解な表現にできる @fsxtnkn 氏の国語力には脱帽します。
実のある議論をお望みならまず簡潔な文章を書く練習をしたほうがよいと思います。

「単純な価値観形成の話」という読みはいいとして「国語力」をどちらに求めるべきかについて
逆だってあるんじゃないのかいうのが素直な感想です。

誰一人として「無断転載」をやっても構わないなんて言ってないのに
並んだタグの数々は中身を租借しないでショートサーキットしてるとしか思えません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - (芸術)表現の論議と(法的)権利の論議のすれ違い
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
(芸術)表現の論議と(法的)権利の論議のすれ違い空堀町のほほん奇譚

Filed under 言論の穴 |