• You are here: 
  • Home
  • SRGで考える感情論

SRGで考える感情論

Posted on 9月 11th, 2012

TwitterのTLでのニー仏さんのつぶやきに納得



確かに物事について感情を無視したって仕方が無い、
人間の寄って立つ所は感情だからだ
だが、人と人とが議論する上で何にでも感情を持ちこんでも仕方が無い
因みに僕のレス




さて、今回はこの「感情論」について「Start・Route・Goal」で考えてみます。

僕がつぶやいた『「感情は動機」で「動機は結果を要求する」』とはS・R・Gにおける[Goal]は主に「感情」で決定されると言う意味です、「感情」を「欲求」と言い換えると解り易い気もしますが、[Goal]は個々人によって大きく異なり一致するとは限りません、これは避けられないので「議論」においてはまず「共有できるまで[Goal]の範囲を広げたり狭めたりするか、どちらの[Goal]を議題とするかを決定する」必要があります、何も難しい事はありません事前にお互いに今話し合う「テーマを厳密に決定」するだけです、逆に[Goal]が感情論で拗れそうな場合は議題がブレ始めたか共有が十分でないと言う事なので、話を一度止めすり合わせを行う必要があると言う事です。

ちょっと例題を考えてみましょう「絵具の赤色に青色を混ぜ紫色を作る」という話し合いが有ったとします、この場合[Start:赤色][Route:青色を混ぜる][Goal:紫色を作る]となります、そこで「どんな青色をごれ位混ぜるのか」という話をしている所へ「いや黄色を混ぜるべきだ」と誰かが言いだしたとしましょう、この例なら直ぐに解る事ですが赤色に黄色を混ぜれば得られる結果は「橙色」です、つまり黄色を主張した人物は「紫色」というテーマに従わず「橙色」という勝手なテーマを持ち込んでいる事になります。

S・R・Gにおいて議論すべきは[Route]のみです、[Route]は客観的に記述可能・論証可能でありそれゆえ汎用性を持つので議論をする事でお互いに有益な結果を得る事が可能となります。
その為にまず[Goal]については議論では無くお互いに事前に取り決めて置く必要があります、逆にその取り決め自体が議論に発展するようであれば[Goal]を別な物に置き換えてやる必要が有ります、上記の例で言うと「紫色」か「橙色」かという話に議題がズレそうな場合は「日没直後の空の色を作る」のように何故その色なのかという部分に共通の[Goal]を再設定するか、今回は「紫色を作る」とし次回に「橙色を作る」話し合いをしましょうとといった再確認をすべきなのです。

「原発の是非」のような問題の収拾がつかないのは[Goal]が「安全な発電」なのか「安価な発電」なのか「安定した発電」なのかという部分が複雑に絡み合い、すり合わせが旨く出来ていないからです。
また[Goal]において「○○じゃなきゃ嫌だ」という感情は否定されるべきではありませんが、それをそのまま放置して議論を行う事もまた出来ないのです。

さて[Route]と[Goal]の関係は以上の用になりますが[Start]はどうでしょう

[Start]もまた[Goal]と同じく事前の共通認識化が必要となります、しかも複数から選択可能な[Goal]と違って一意に決定しておく必要性が高いのでより重要となります。
先ほどの色の例えで言えば「これは赤色では無い」という認識のずれや「赤色の使用は認められない」といった感情を持ち込んだ場合議論は破綻します、ここでも『議論すべきは[Route]のみ』は適用されるのです。
[Start]は「現状」であり「事実」である為[Goal]と違って別の物に取り換える事が困難です、したがって[Start]の認識や立脚点に食い違いが発覚した場合は速やかに議論を止め、[Start]が何なのかをお互いに確認し一致できないようなら議論を中止すべきなのです。

ちなみに「詭弁のガイドライン」みられるパターンのいくつかはこの[Start]を巧妙にずらして議論を自分の都合の良いように誘導する手法です、相手の発言をS・R・Gに照らし合わせて[Start]や[Goal]を勝手におきかえられていないかを検証することで詭弁に対抗する事が可能となります。

以上

[S・R・Gまとめ]
・[Start]と[Route]に感情を持ち込んではいけない
・[Goal]は任意に設定可能だが、議論毎に「テーマ」として共有しなければならない。
・議論すべきは[Route]のみ。
・[Route]は客観的に記述可能・論証可能でなければならない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - SRGで考える感情論
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
SRGで考える感情論空堀町のほほん奇譚

Tags:
Filed under S・R・G, 言論の穴 |

8 Responses to “SRGで考える感情論”

  1. 歩駒 さん:
    9月 12th, 2012 at 11:41 AM

    ニー仏さんって相手が感情的に成られると苦手なのかなぁ?なんか言い訳にしか読み取れない。
    S・R・Gって、そんなにキッパリ割り切れるもんじゃないと思うんだけど、そもそも、それが分離出来ている場合は、もう報告や摺り合わせで十分な段階で議論は必要ない気がします。

  2. 歩駒 さん:
    9月 12th, 2012 at 3:13 PM

    コメント.1 少し言葉がキツ過ぎたかなぁ。ごめんなさい。

  3. Nebo さん:
    9月 13th, 2012 at 1:57 AM

    感情的であることと論理的である事は
    必ずしも相反せず同時にできる事なのです
    「感情的である」ことと「感情で非論理的になる」ことは別なのです。

    S・R・Gは分離できてなくてこんがらかった物をほぐす為の枠組みだから当然です。
    「分離できていたら議論の必要はない」ではなく
    「議論によって分離する」のです。

    実際の物事のS・R・Gは何層にも折り重なっているので分割・結合・回帰と繰り返していくことで分離すべき部分を明確にし議論すべきポイントを絞り込んでいく為の手法だと考えています。

  4. 歩駒 さん:
    9月 13th, 2012 at 10:52 AM

    コメント.3の考え方であれば僕も同感です。

    『「感情論をバカにするな!』の主張は、動機としての感情と、(それに伴う主張中の)表現としての感情の二面があると思うんですよ。

    >「感情的である」ことと「感情で非論理的になる」ことは別なのです。

    発言に感情が乗っかかっているのは、主張の表現に強弱を付ける必要不可欠な行為であって、聞き手を飽きさせなかったり、同調感や嫌悪感を増幅する効果があります。

    ニー仏さんの仰ってる。『感情から少なくとも距離を取る取る意思を見いだせない主張は相手にされないというのは』の詳細な説明や具体的なシーンが無いのでどちらを指しているか判断が付き辛いのですが…

    反対意見が言い辛いとか、発言者を説得出来ないという聞き手側の意見であって、それこそ相手の感情に乗せられた(動機を変える事は出来ないという決めつけの)感情的な発言だと思うんです。経験上、こういう意見を発せられる方は、相手が感情的に成られた場合に差し出すカードが少ない(苦手な)人に多い様に思います。

    ところがNeboさんの仰る様に動機は、事実ではなく主観的な判断であるに過ぎません。判断である以上、変更も調整も可能な筈です。

    表現上の感情は発言スタイルの問題であり、物によっては嫌悪を感じる物もあるかと思いますが、基本『表現の自由』として保証されるべきだと思います。

    逆に、感情表現を実施している発言者側は、聞き手側にそうした嫌悪感を持たれるリスクがあるという事も念頭に置く必要があります。(同調が得られ、逆にメリットに成る場合もありますが。)

    これ、主旨が旨く説明できたでしょうか?
    不安です。

  5. Nebo さん:
    9月 13th, 2012 at 11:15 AM

    >判断である以上、変更も調整も可能な筈です。

    主観的な判断だからこそ「変更と調整」が困難であり
    「感情論をバカにするな! 全ての主張の根拠は感情だ!」はその調整の拒否の表明としてなされ
    それゆえに変更も調整も行おうとしない相手とは論議できない、それを
    「感情から少なくとも距離をとる意志を見せない主張は、相手にされない」と書かれたと言うのが
    僕の受け取った内容です。

    「表現上の感情は発言スタイルの問題」については
    表現によって相手を威嚇するようなケースを除いて同意です

  6. 歩駒 さん:
    9月 30th, 2012 at 4:21 AM

    本当ずいぶん開いてしまってすいません。
    久しぶりにNeboさんと言い合いが出来て面白かったです。

  7. cheapest fifa 16 coins ps3 store さん:
    3月 1st, 2016 at 5:30 AM

    To hell with that bitch!

  8. cheap nba 2k17 mt さん:
    9月 7th, 2016 at 10:41 AM

    Why do not we try this ?

よろしければコメントをどうぞ


8388→

カテゴリー