• You are here: 
  • Home
  • フリーライダー嫌い?

フリーライダー嫌い?

Posted on 10月 14th, 2011

しばらく前から妙に引っかかってるキーワードに「フリーライダー」というのがあって。
意味合い的には納得できるんだけど、どうもこの言葉が使われるのが実際の意味とは違ってなんだか嫌な感じに聞こえる事が多かったからだ。

でまぁちょっと思う所が有ってwikiを覗いてみたらその説明の中に答えがあった。
フリーライダーhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC
「日本の社会ではみんなで仲良く協力してコトにあたっているのではなく、協力しないと後が怖い、というところでしょうか」
ああそれそれw
「フリーライダー」を誰かを排斥する為の呪文として使っちゃってる場合が多いんだ。

僕としてはこの排斥的な「フリーライダー」って言葉の使い方にはなじめないというか
むしろ逆にどうすれば協調出来るのかって方向がいい。
それで「論議におけるフリーライダー」ってのを考えた、これは論議にただ乗りする、結論をパクルとかそんな話では無くて、「論議」に非協力的な態度の事だ。

「論議」あるいはもっと広く「コミュニケーション」といってもいいが、複数の人間同士で情報交換を行う場合、そこには暗黙の了解としてお互いに支払っているコストが存在している、何も難しい話ではない「嘘をつかない」「相手の話を理解しようとする」「自分の主張に矛盾を生じさせないようにする」「相手の立場を尊重する」「自分の立場を無視しない」等々、いちいち文章にするのも馬鹿馬鹿しいあたりまえの話なんだけど、これをしない人が意外と多い。

twitterで反論を受けただけでブロックをする、矛盾点を指摘されているのに「考え方が違うだけ」と強弁する、一方的に自分の価値基準で相手を一蹴したと主張する、自分の主張はするのに「論議はしない」と嘯く、他にも直ぐに人を罵倒するとか、相手の反論や自分誤りを視野に入れないで主張を繰り返すなんてのもある。

もちろん自戒も含めての話になるんだけど、コミュニティを豊かにし論議を発展させるにはお互いにコストを支払う必要はあるんじゃなかろうか、相手がより良い論議の為に尽くしているのを良い事に「フリーライド」して自分の得て勝手な主張だけを自慰行為のように垂れ流す、そんな風にならないように気を付けたいものだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - フリーライダー嫌い?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
フリーライダー嫌い?空堀町のほほん奇譚

Filed under 言論の穴 |

よろしければコメントをどうぞ


5626→

カテゴリー