• You are here: 
  • Home
  • 風評が被害している

風評が被害している

Posted on 9月 20th, 2011

朝のニュース番組で福島の「フルーツライン」に観光客が全く来ず
風評被害を受けている、というニュースが流れていた。



これを風評被害というのはどうなんだろう
影響は無いと言われてもわざわざ普段浴びない放射線量を
観光で浴びたい人はいないだろう。

いま台風であちこちで雨が降っているが、雨なので目的地を変えます
なんて事は良くある話で、放射線だって選択可能なら避けたいのが人情だ。

病院でレントゲンを受けるのを躊躇する人は少ないように
ちゃんとした理由があれば問題視されないレベルかもしれないが
その理由が見当たらない。

そしてなにより僕ら一般市民が公開情報でああだこうだだと判断するには
込み入った話すぎて思考停止をしないとしんどすぎるのだ
思考停止するとしたら全許容か全否定が一番楽でこの場合はどうしても全否定に
偏ってしまうのは避けられない、それを風評被害と呼んでも何の解決にも
ならないんではないだろうか?

放射線があってもラジウム温泉は人気だ。

だとすれば福島も安全性の解りやすい解説と
それを上回るだけの魅力を創出しないかぎり被害は収まらないのでは
ないのだろうか。

しかし、これで東電の賠償範囲外の地域って言われるのは
風評被害以上に理不尽だろう、これは何らかの形で賠償なり保護なりが
必要だと思う、だからこそむしろ風量被害では無く、
実害があると考える必要があるんじゃなかろうか

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 風評が被害している
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
風評が被害している空堀町のほほん奇譚

Filed under 日記, 言論の穴 |

よろしければコメントをどうぞ


5306→

カテゴリー