• You are here: 
  • Home
  • 2011 11月

あんたのためにということばは いつ いかなる時も美しくない

Posted on 11月 27th, 2011

あんたのために
ということばは
いつ いかなる時も
美しくない

この言葉は大島弓子の文庫本「サバの秋の夜長」に収めれている
「わたしの屋根に雪つもりつ」に出てくる

サバの秋の夜長は例によって人間の姿で描かれる猫、サバと
飼い主で有る所のわたし(作者)との日常における妄想のエッセイで

サバのノミ取りをしようとしたら抵抗されおもわず
「あたしがノミ取ってんのはね あんたのためになんだよ」と言ってしまうシーンで
欄外セルフつっこみとして登場する

ちび○子のナレーションのようにちょっとした息抜きの笑いのシーンなのだけど
妙に心の中に残る言葉だ。

「言葉にすれば嘘に染まる」と唄ったのは もんたよしのり だけど
「あんたのため」も言葉にしてしまった時点で嘘になるかもしれない言葉だ

行為は気持ちから発するが、伝えられるのは所詮行為のみであり気持ちについて
証明の手段は無く、行為を受けたものがその行為をどう評価するかは
受けたものにゆだねられるべき問題で「あんたのため」と言葉にした時点で
その評価を相手側に押し付けてしまうからだ。

そしておそらくそれは大島弓子にとって自分が描く漫画そのものが一体誰の為の物かという問いとして内在化していることから発せられた言葉だろう、それは彼女が優れたそして誠実な表現者で有る事の証明だといえる。

この言葉は物語の読者の多くにとってもやはり印象に残るらしく
ネットでちょっと検索をかければ、引用されているblog等が沢山引っかかる

とくにビビットな反応をみせているのがお母さん達だ、それはそうだ
「あなたのために~」という言葉を一番発していると思われるのが母親で
聞かされているのはその子供達だ。

躾というのは押し付ける行為であり、時に泣きわめく我が子にも教えなければいけない
それは子を愛する親にとっても辛い事で有り、その辛さゆえ「あなたのために~」と思わず同意を求めてしまいたくなるのだ。

そしてこの、本当に「あなたのため」なのかという問いは母親に突き刺さる
「良い子にしていてくれた方が自分が楽だからなのではないか?」そう思った瞬間に叱っている自分を正当化できなくなり、何が正しいのか解らなくなって足元が崩れ落ちて行くような恐怖が母親に襲いかかるのだ。

そんな母親達に「いつ いかなる時も美しくない」というのはいささか厳しいのかもしれない。
しかし、この言葉をうしなっては少しでも良い躾、教育には辿り着けない。

そう躾、教育とはすべからく美しくない物で有るべきなのだ。

だが、だがしかし、である。
美しくない事を我が身に引き受ける行為の崇高さこそ美しいと言えるのではないだろうか。

「どぶねずみみたいに美しくなりたい」と唄ったのはブルーハーツだ
「姫様は、こんな手を好きじ ゃというて下さる。働き者のきれいな手じゃというて下さる」とは風の谷のじぃやたちの台詞だ。

僕は世の中のすべての母親達にこの言葉を送りたいと思う。

LINK

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - あんたのためにということばは いつ いかなる時も美しくない
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
あんたのためにということばは いつ いかなる時も美しくない空堀町のほほん奇譚

よろしければコメントをどうぞ


7525→

Filed under 漫画 | コメントを付ける(1) »

先ずは立ち上がれ、そして新たな一歩を踏みだせ。

Posted on 11月 18th, 2011

二足歩行の困難さは重心移動時に安定不安定を交互に繰り返す事に有る
直立という重心の安定状態から一歩踏み出した瞬間に重心の不安定な状態が生じ、身体が倒れて行くのを踏み出した足でささえ再び安定を取り戻す、この繰り返しが歩行であり、踏み出した足が身体を支えるのに失敗した場合崩れたバランスはそのままとなり転倒する事に成る、ある意味人間はコケルことで歩いているのだ。

閑話休題
「我々は何処から来て、我々は何処へ行くのか」というキーワードが小説や漫画に目立ちだしたのは1980年頃からだったと記憶している、僕自身がそういった物に強い興味を示す年代に入ったというのもあるだろうが、ポストモダン、バブル景気なども同年代なので一定の傾向はあるにちがいない。

「我々は何処から来て」については岸田秀がその本の中で実にすっきりと理論体系化してくてれいる、我々は行動原理をDNAから解き放ち、脳内原理によって社会を成す生き物となった、そんな物語が「唯幻論」では語られる。
残念な事に「唯幻論」は不価値論であり「我々は何処へ行くのか」については一切の解を与えてはくれない、「せめて周りに迷惑かけないようにしましょう」という岸田秀のお願いが控えめに語られるのみだ。

ポストモダンの相対化が陥る罠はココに有る。

新たな世界を切り開くための筈の論が、全てを無に帰したのだ。
踏み出した筈の足は大地を踏みしめることなく空をきった、バランスを失った世界は転倒するしか道は無い。
自分探しの迷宮に不用意足を踏み入れたものは横たわり、幾ら本人たちが前へ進んでいるつもりであっても、地面で足をばたつかせる駄々っ子に成りはてるのみだ。

ニヒリズムは役には立たない、坐して果てるつもりで有れば批判者として毒を呑むのも良いだろう、ただ前に進みたければ方法は一つだ、論理的に正しい生き方など存在しないのを承知で正しいと信じる道を目指す事だ、人間はコケルことで歩いていけるのだ。

先ずは立ち上がれ、そして新たな一歩を踏みだせ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 先ずは立ち上がれ、そして新たな一歩を踏みだせ。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
先ずは立ち上がれ、そして新たな一歩を踏みだせ。空堀町のほほん奇譚

Filed under 言論の穴 | コメントを付ける »

釣りったー

Posted on 11月 18th, 2011

[Twitter]Twitter(別名デマッター)でネットジャーナリストを釣る方法(フリージャーナリスト)

Twitterを代表するツイートクリエイターのお歴々が憤怒!!

ネット黎明期からの名うての天然釣り師が釣りネタ書いて
釣られアカと名指しされた人達が見事に釣られているという

thoton氏とか昔の日記でこんな風にならないようにしましょうと
僕が書いた人だったので、大いに頷いてしまった、爆笑しながら。
「四月バカにむけてITリテラシーを鍛えよう」

ただまぁ元のブログぬしの愛・蔵太氏も大概の問題児で有るわけで
まぁ興味が沸いた人は「細田均」で検索してみると良いですよw

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 釣りったー
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
釣りったー空堀町のほほん奇譚

Filed under 言論の穴 | コメントを付ける »

仮面ライダー正義のマスク

Posted on 11月 16th, 2011

仮面ライダー(平成)について考えた。

主人公は主に楽天家の優男でベルトを手に入れる事で戦う力を得る、
時折自分の無力に挫折しそうになるが優しさをバネにまた新しい力を得る

優しさ>ベルト>力

この変換公式が意味するものはベルト=正義であり

優しさ>正義>力

なんじゃないだろうか。

実はこれには裏がある

力>ベルト>優しさ

という2号ライダーのパターンで
絶望によって力を得たあと徐々に優しさを取り戻す物語になっている。

僕は優しくなんかないので2号ライダーに感情移入する事が多い
そして優しい主人公は憧れの対象だ、ヒーローは憧れられるべきなのでコレは正しい。

優しさと強さを共に手に入れたライダー達は時に破滅を迎える
それだけ人間が両者を手にすることは困難だと言う事だ

人間は変身でもしなけりゃ正義になれない
それが仮面ライダーの仮面ライダーたる所以かもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 仮面ライダー正義のマスク
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
仮面ライダー正義のマスク空堀町のほほん奇譚

Filed under 特撮 | コメントを付ける »

映画スイートプリキュア♪ とりもどせ! 心がつなぐ奇跡のメロディ♪

Posted on 11月 7th, 2011

ライトーンを使いたい女児が「ピンチなった?」と繰り返し聞いてくる中
プリキュアの映画みてきました。
直前のTV急展開後の設定で始まって、見逃してたらどうなるねん、とか
ゲストキャラがいまいち作劇に絡みきれてないとか
プリキュアムービーのフォーマットに頼って楽してる感じでした

日常で女児が「私たちはあきらめない!」と突然叫んでも
どのプリキュアごっこか判別がつかない、安定したフォーマットは嫌いではないですが、女児が泣きだすぐらいなピンチも見てみたい気もします。

フォーマットでいえば、アンパンマンの映画フォーマットもなかなか良く出来たいますが
「だだんだんとふたごの星」と「ブラックノーズと魔法の歌」が良かったので
期待してみにいったのに「すくえ! ココリンと奇跡の星」はダメダメでした。

このへん追及したら、スタッフとか作劇法とか俺趣味とか解るのかもしれませんねぇ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 映画スイートプリキュア♪ とりもどせ! 心がつなぐ奇跡のメロディ♪
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
映画スイートプリキュア♪ とりもどせ! 心がつなぐ奇跡のメロディ♪空堀町のほほん奇譚

Filed under アニメ, 日記 | コメントを付ける »

カテゴリー