• You are here: 
  • Home
  • 2011 9月

メディア考

Posted on 9月 13th, 2011

ハードウェアとソフトウェが相互作用を起こす空間がメディアであり、実際にメディア内の相互作用により発生したものが
我々が享受しているエンターテイメントである。

例えば、ボールとグラウンドというハードウェアとルールというソフトウェアが相互作用するのが球技メディアでありその中で実際に野球のゲームは表現されるのだし
楽器というハードウェアと旋律というソフトウェアが相互作用するのが音楽メディアでありその中で様々な音楽が生まれている。

よく言われるマルチメディアの発展とは、ハードウェア主導で動いていたメディアでの相互作用がソフトウェア主導へと移り変わって言った事を示し
また、ソフトウェア自身はストーリー主体から、キャラクター主体へ移行し、さらにキャラクター主体から要素主体へと次第に解体され
その中で、多様な相互作用を生み出しているのが現代のエンターテイメントの現状である。

そして、要素まで解体されたソフトウェアがキャラクターやストーリーを経由せずハードウェアと直接相互作用を起こした一例が「メイド喫茶」である。

「メイド喫茶」におけるハードウェアとは「喫茶店」であり、かつてこのハードウェアは音楽ソフトと相互作用した「JAZ喫茶」や裸のねーちゃんと相互作用した「ノーパン喫茶」といったエンターテイメントを生み出した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - メディア考
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
メディア考空堀町のほほん奇譚

よろしければコメントをどうぞ


9342→

Filed under 言論の穴 | コメントを付ける »

ポインターとマグマライザー

Posted on 9月 13th, 2011

サントリー ボス ウルトラマンシリーズコレクション
http://www.suntory.co.jp/softdrink/boss/campaign/select/index.html

今日も朝からこうたやめた

特に必要な訳ではないので、普通に売っていて買うのかと言われたらちょっと答えに悩んでしまうんだけれど、どれもこれも想い出深いうえに出来も良いのでいきおいでコンプリートしてしまいそうになるのだが、そんな感じで手に入れた物で既に我が家は一杯になっているので、もう無理

でも無理を通してポインターとマグマライザーを確保(^^;



やっぱ科特隊カーも欲しいなぁ…

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ポインターとマグマライザー
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
ポインターとマグマライザー空堀町のほほん奇譚

Filed under 日記, 特撮, 玩具 | コメントを付ける »

あんなの見たら造っちゃうよねぇ(^^;

Posted on 9月 8th, 2011

食玩メダルも余裕で買えるようになったので



基盤を取り除いてからニッパで真っ二つに割り
隙間をスカルプチュアで埋めてカッターで形を整え
100均でかったカニカンを取り付けて

「さようならアンク・ストラップ」の完成です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - あんなの見たら造っちゃうよねぇ(^^;
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
あんなの見たら造っちゃうよねぇ(^^;空堀町のほほん奇譚

Filed under 仮面ライダー, 模型 | コメントを付ける »

嫌なら見るな。

Posted on 9月 8th, 2011

僕が「アニメ親爺宣言!~ポストオタクのアニメ観賞~(http://nebo.petitcraft.com/?page_id=283)」書くきっかけとなったのが、まさに「嫌なら見なければいい」という言葉だった。

確かに「文句ばっかりいってるのなら見るなよ」というのは一つの正論だが、もともとは「見てみたら一杯文句が生まれた」のだし、「次はもしかしたら面白いかもしれない」ともう一度見るというのだって間違った話でもない。
さらに「何が嫌なのか確認するために」見るのもあれば「嫌なものを明確に言語化するために」さらに見る事だってあるだろう。

それに申し訳ないが「うわ何このシナリオ」とか「おかしいやろそれ」とか言いながら見るのは実は楽しい行為であったりもする。
トンデモ本だって中身がすばらしいから読むのではなく突込みが楽しいから読むわけだし、あまり良い趣味とはいえないけれど鼻をかんだ鼻紙をつい開いて確認したくなるじゃないですか、とか色々考えているうちに「アニメ親爺」にたどり着いたんだよね。

「ある種の見下し感がするから。いいものを見つけるという見方じゃないんだよな。 」
という突っ込みは至極もっともであるが、「どう楽しむかはこっちの勝手」が放漫だとしても作品を楽しむ姿勢に「見下す」とか言いいはじめたらエンタティメントの否定になりかねない訳でせいぜい提供者の意図はなるべく尊重しましょうぐらいしか言いようが無い

結局オタク達が「魔乳秘剣帖(http://oppaidaisuki.jp/)」を正しくニヤニヤ視聴する場合「いいものを見つけるという見方」という物言いすら見下しになりかねないし(魔乳秘剣帖は良いものだけど)腐女子たちがタイバニを視聴する態度を全否定する根拠など求めるほうが無茶な世界に既に到達してしまっている。

なので、結論としては「いやぁもう僕たちは好きに見させていただきます」にやはりなってしまう
そりゃそうだ「嫌なら見るな」は「嫌なものを見た者にしかいえない台詞」なんだもの(^^;

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 嫌なら見るな。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
嫌なら見るな。空堀町のほほん奇譚

Filed under アニメ, 言論の穴 | コメントを付ける »

放射線量測定マップ

Posted on 9月 6th, 2011

放射線量測定マップ
http://www.nnistar.com/gmap/fukushima.html

必要以上に気にしても仕方がないが、無視するわけにもいかない話。

色はそのまま危険度という訳ではなく単純に線量の多さなのだと考えても
赤色の地域にはあまり近づきたくないのは本音だ。

もう数カ月もこのマップを眺めているが特に変化は見られないので
半減期の長い放射性物質の飛散は止まっていると考えられる
(放射性ヨウ素が撒き散らかされ続けている可能性もある)
現場の封印さえ済めばとりあえず事態の収束の開始だ。

ただし放射線の主な発生源とみられるセシウムで30年の半減期、
マップに現れる放射線量は最低30年は維持されるので
近辺での生活は慎重に行わないといけない事になる
そろそろ、そのあたりを含めた政治的方向性についてまともな言及が欲しい所だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 放射線量測定マップ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
放射線量測定マップ空堀町のほほん奇譚

Filed under 日記, 言論の穴 | コメントを付ける »

カテゴリー