• You are here: 
  • Home
  • 2010 8月

理屈が物理的に立ちはだかる。

Posted on 8月 30th, 2010

論理や推論で自分的に自明な事柄について物理的な存在として処理する傾向が有ることにこの前気づいた。
前々からどうもおかしい(自分が)と思い色々考えていたのだが、この「物理的に」という考えがポイントだった。
あ、これだけでは何の事か分かり難いと思うのでがんばって説明しようと思う。

誰かと歩いていて足元に犬の糞をみつけたとしよう
「足元気いつけて」
おそらくこんな風に注意して、相手もすぐに気が付き犬の糞をよけるんじゃないかと思う。

では、前方の路地からボールが転げ出してきた場合はどうだろう?
この時相手が自動車の普通免許取得者であれば「前気いつけて」の一言で「後から子供が追いかけてくる可能性」に気づいてもらえるかもしれないが、そうでない場合「え?なんのこと?」と成るかもしれない。

つまり「犬の糞=物理的な存在」「後から子供が追いかけてくる可能性=推察される事柄」と考えた時に、推察される事柄を物理的な存在のように扱う癖が僕にはあるらしいのだ。

僕にとっては「犬の糞」同様に見えていて、回避方法も明確なので「気いつけて」と言って済ましたり、済まそうとするんだけれど「もっと説明と具体的な対策を」と聞き返されることがまれによくある、
「見たら誰でも分かるやん」と思うんだけれど、どうやらそうでも無いらしい。

先日有る事柄で「それは違うやろ」と問いかけたら「そういう考え方もあるかもね」と切り返された。
僕にとっては「考えかた」ではなく「単なる事実」だったのだが、当人にとっては選択可能な考え方のバリエーションだったらしい。
まぁ確かに物理的な存在とは違い考え方と言えば考え方には違いなかったので返答に窮した。
でまぁ、なんでそうなるねんと考えたら「僕からすれば選択の余地の無い話=代替えの無い事実」として扱おうとしたのが過ちで、そこも説明を積み上げないと駄目だったらしい。

世の中実に面倒くさい<お前がめんどくさいネン

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 理屈が物理的に立ちはだかる。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
理屈が物理的に立ちはだかる。空堀町のほほん奇譚

よろしければコメントをどうぞ


5127→

Filed under 言論の穴 | コメントを付ける »

ポテトを美味しく見せる方

Posted on 8月 24th, 2010


ビッグマック200円につられてマクドへ
予定調和的にLLを注文したら2個目のポテトでした。

んな訳でポテトを美味しく見えるようにリペイントに挑戦

1.ケースを汚さないようにマスキング
2.色が濃く見えるので薄黄色をペタペタ
3.エッジに焦げちゃをドライブラシで焦げっぽく(MAX塗りでも可w)
4.仕上げにアクリルパウダーを混ぜたグロスメディウムを塗ってお塩と油っぽく


完成!いかがでしょう美味しそうになりましたか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ポテトを美味しく見せる方
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
ポテトを美味しく見せる方空堀町のほほん奇譚

Filed under ペイント, 日記, 模型 | コメントを付ける »

お箸

Posted on 8月 23rd, 2010


新しいお箸を購入しましたソフマップでw
見るからに怪しい箸ですが実は根っこのところに磁石が仕込んであって

くっつくんです!

何か見覚え有りませんか?

そう、このお箸はコトブキヤ謹製
ダースモールライトセイバーお箸なのでした

お箸とは思えない素敵な注意書きの数々

お箸が流しにくっつく図、かなりじゃまくさいお箸です(^^;

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - お箸
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
お箸空堀町のほほん奇譚

Filed under 日記 | コメントを付ける »

リタとナントカ

Posted on 8月 13th, 2010

 京都駅ビルにある美術館「えき」で開かれている「世界の絵本作家展」を見に行ってきました。
僕は詳しくないのでナンですが、有名作家がけっこうそろっていたようで、なかなか味のある絵が多かったです。

みどころは「こみね ゆら」さんの作られた極小ドール・・・いや絵本展なんですけどね、すごく小さいのに密度がたかくて思わず目を見張る出来です。

あと気に入ったのはフランスの作家さんの絵本で「リタとナントカ」http://www.rita-machin.jp/ritaetmachin/index.html
線画の少女ととぼけた犬の物語なのですが、とにかく絵の表情が豊かで、一つ一つを見ているだけでうきうきしてしまいます。
この「リタとナントカ」実はこの秋からNHK教育でアニメ放送されるそうなので、ものすごく楽しみです、娘が気に入ってくれるといいのですが。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - リタとナントカ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
リタとナントカ空堀町のほほん奇譚

Filed under 日記 | コメントを付ける »

心の師

Posted on 8月 9th, 2010

世間的には大して話題にされなかったのだけれど、去る7月24日に森毅・京大名誉教授がお亡くなりになりました。

ご高齢でしたので致し方ないとは思いますが昨年の2月に大やけどを負われてそれからずっと闘病生活を送っておられたようで、もう少しそのお人柄にあった穏やかな最後を迎えてほしかった気持ちでいっぱいです。

ずいぶん前にTV番組で「数学とは1+1=2というようなかっちりとした物を扱う学問のように思われがちですが、専門的に言えば1らしきものに1らしきものを+らしきことをしたら2らしきものになったというように曖昧なものです」というような事をおっしゃっていて、それに感動して以来ひそかに心の師と仰いでいました。

あの飄々とした風情がほんとうに素敵で、いつか私もあんなふうに成れたらと思っていましたが現実にはどんどんギスギス感が 増している気がしないでもなく、これを期にもう一を自分を見つめなおしてみようとか思ったり思わなかったりです。

以上、 この駄文をもって心の師の追悼に代えたいと思います、合掌。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 心の師
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
心の師空堀町のほほん奇譚

Filed under 日記 | コメントを付ける »

カテゴリー