• You are here: 
  • Home
  • 言論の穴

『オルタナティブな雰囲気の独り言合戦』

Posted on 8月 3rd, 2012

新條まゆ先生と印刷屋さん、締め切りを巡るやりとり
http://togetter.com/li/348985

コメント欄に双方への意見がいい感じでバランスされてて中々面白い。

たぶん新條先生の言葉も印刷屋さんの言葉もそれぞれの立場において正しいからなんだと思うが
それゆえに両者のすれ違いっぷりはなかなか難しい問題でもあるわけだ。

すれ違ったポイントの一つが「原稿」とは何かという立場で
印刷屋さんが思わず「クソ原稿」ともらしてしまったのは、彼にとって「原稿」とは
印刷の為の素材でしかないからではないだろうか。
当たり前の話だが印刷屋にとって印刷物の中身は極論なんだって構わないわけで
中身がどんなにすばらしい作品でも、所定の規格に収まらずルールを無視し
印刷できない原稿は「印刷素材」としてはクソであるというのは印刷屋にとっては事実だ。

一方漫画家にとって「原稿」とは作品の中身そのものだ
作品にどれだけ自分のアイデンティティをつぎ込むかは作家それぞれだろうが
少なくとも読者が喜んでくれる事を望んで作られた事だけは間違いない。
それをクソと言われる事は言語道断だ、何よりもまずそれを受け止めてくれる読者に失礼だからだ。
つまり「原稿」の意味合いが両者でかみ合わず、ブロックという事態に発展してしまったわけだ。

悪く言えばお互い自分の立場にのみフォーカスして呟いたために起こってしまったすれ違いだ。
「オルタナティブな雰囲気の独り言合戦」とはよく言ったものだ。

オマケ
隊長さんとハックルさんのやり取りが面白すぐる件

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『オルタナティブな雰囲気の独り言合戦』
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
『オルタナティブな雰囲気の独り言合戦』空堀町のほほん奇譚

よろしければコメントをどうぞ


9462→

Filed under 言論の穴 | コメントを付ける »

SNSでのNGワード

Posted on 7月 23rd, 2012

SNSってか、ネットコミュニティ全般なのだけれど
最近それをSNSっていう空気なので合わせてみました(^^;

「老婆心ながら」
これはあかん、というかコレがでてきてロクな事になったためしがない(^^;
これって「よけいな事を言いますよ」の枕詞だから
「んなこと余計な御世話だよ!」な話にしかならない。
両者の力関係が共通認識化されてればそんな枕詞無しに話が通じる筈なので、
もし自分が「老婆心ながら」って書きそうになったら
投稿をちょっと待って、その言葉抜きに伝える言い回しや
関係構築を考えた方が近道なのだ。

「~してるだけ」
これもあかん、コレがでてくるんはとどうしようも無いぐらい
認識のずれが生じている証拠。
おもに「責任の所存が」言っている本人と周りでずれまくっているケース
「俺関係ないし」<>「お前の問題やろ」って間違いなくなってる。
で、「~してるだけ」というのは「俺関係ないし」って思ってる側
これを修正するのは正直かなり難しい「~してるだけ」って言ってくるようなのは
相手にしないほうが良いかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - SNSでのNGワード
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
SNSでのNGワード空堀町のほほん奇譚

Filed under 言論の穴 | コメントを付ける »

Start・Route・Goal で考える。

Posted on 7月 12th, 2012

Start・Route・Goal、物事を推し量る場合この三つに分類し、スタート地点やルートの変更を検証し、ゴールとスタートを数珠つなぎにしたりする事で様々な物事に対応できる。特にグループで行動するときはStartの共通認識化は重要だ。
結論(Goal)が同じだからといって方法論・考え方(Route)が同じだ思っていると、後々になって大迷惑を被ったりする、現状認識(Start)が一致しているかのすり合わせは本当に大事。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Start・Route・Goal で考える。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Start・Route・Goal で考える。空堀町のほほん奇譚

Filed under S・R・G, 言論の穴 | コメントを付ける(1) »

『《現実界》だけの人格をめぐって』

Posted on 7月 10th, 2012

こういう表現もあるんですね。
最近すこし「アスベルガー」とか「サイコパス」に興味があって
その辺の流れで行き着いた動画です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『《現実界》だけの人格をめぐって』
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
『《現実界》だけの人格をめぐって』空堀町のほほん奇譚

Filed under 言論の穴 | コメントを付ける »

「嫌み」について。

Posted on 7月 3rd, 2012

しばらく前から「嫌み」と言う言葉にひっかっかりがあって
目にするたびに考えていたんですが、とっかっかりが見つかったような気がするので少々。

「ブーメラン」という表現があって、それが何を意味するかと言うと
相手に対する攻撃がそのまま自分に帰ってくる様を表すんだけど
なんでブーメランが発生するかというと自己認識の甘さもあるんだけど
「アナロジー」の弱さというものが確実にある。

つまり相手を攻撃する際に同じロジックを自分に適用した場合
自分にとっても都合が悪いという事が事前に発見できないんだな
「アナロジー」が弱いと。

んで、必然としてブーメランを喰らう

  ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ´∀`)< オマエモナー
 (    )  \_________
 | | |
 (__)_)

自分の攻撃だから防御不能でまともに食らう

で、で、頭から血を流しながら負け惜しみを垂れる訳だ


「なんて嫌みな奴だ!」

と、
うん、君が愚かなだけだと思うよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「嫌み」について。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
「嫌み」について。空堀町のほほん奇譚

Filed under 日記, 言論の穴 | コメントを付ける »

カテゴリー